ここ数年、ネコちゃんの尿管結石は問題となっており、治療に苦慮することが増えてきましたので、記載してみます。
当院では、腹部エコー検査で尿管結石による腎盂拡張所見が認められた場合(以下写真)、
f0202601_18170531.jpg















罹患腎や対側腎の状態を考慮して、まずは内科的治療。
その後、内科的治療により尿管閉塞解除が認められない場合は、外科的治療を勧めております。
外科的治療には様々な術式が検討されてきましたが、
当院ではSUBシステム設置術を尿管閉塞の第一選択としております。(SUBシステム:尿管とは別に腎臓―膀胱バイパスを設置するシステム)
SUBシステム設置術は尿管ステント設置術や尿管切開術等に比較し、尿管再閉塞率が低く麻酔時間の短縮も図れるのが特徴です。
術後も定期的なシステムの洗浄にて、再閉塞の予防を行います。
術中所見(合併症の軽減のため、膀胱ならびに腎臓へのカテーテルの設置ならびに漏出の確認をレントゲン透視ガイド下で行います。)
f0202601_17062652.png

















術後所見
f0202601_00272377.jpg











f0202601_17275615.jpg



















 現在までに本処置を当院で実施したネコちゃんたちは、経過良好です。
ただし、費用面や体調の悪い状態での麻酔リスクや本処置による合併症も報告されているため、尿管閉塞診断時は内科的治療もしくは外科的治療のメリット・デメリットをお話ししたうえで治療法を決定しております。



[PR]
# by vetkenkenpa | 2017-07-12 18:18

年末の挨拶

いつも大変お世話になっております。
早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
来年も切磋琢磨し、少しでも飼い主目線に立って質の良い獣医療を提供できるように
誠心誠意努力する所存です。
尚、当院の年末年始の休業期間は下記の通りです。
〔年末年始休業期間〕 12月31日(土)~1月3日(火)
新年は1月4日(水)からになります。
(ご報告)
年末で、当院が開業して間もないころから勤務して頂いておりました長岡さんが寿退社します。
飼い主さんからも人気があり、非常に残念ですが・・・
f0202601_7572617.jpg


[PR]
# by vetkenkenpa | 2016-12-24 07:57

中国地区獣医師大会

先週の日曜日は中国地区獣医師大会がありました。
f0202601_2340411.png





















今年も当院から発表させていただきました。
バルーンカテーテルのよる血栓除去術を実施した動脈血栓塞栓症の猫の一例
スライドの一部を貼ってみます015.gif
f0202601_23443011.png














f0202601_23444569.png














f0202601_2345692.png














では、失礼いたします040.gif
[PR]
# by vetkenkenpa | 2016-10-25 23:45

論文

久しぶりの更新になります。

当院の県学会発表の論文がPDFでみれるようなのでUPしてみます023.gif
興味のある方はご覧になって下さい。

大動脈−肺動脈間に動静脈瘻を認めた犬の1 例(2015)
http://www.hiro-vet.or.jp/learning/pdf/magazine-h2808/P093-095.pdf

犬の左前大静脈遺残を伴った動脈管開存症の1 例(2015)
http://www.hiro-vet.or.jp/learning/pdf/magazine-h2808/P097-100.pdf

デスモプレシンの口腔内投与で治療した中枢性尿崩症の犬の1例(2011)
http://www.hiro-vet.or.jp/learning/pdf/magazine-h2406/P47-50.pdf

内視鏡検査により診断された鼻腔内腫瘍の2例(2010)
http://www.hiro-vet.or.jp/learning/pdf/magazine-h2308/P53-56.pdf

つまらない更新ですが、よろしくお願いします040.gif
[PR]
# by vetkenkenpa | 2016-10-12 18:37

時計

時計が届きました010.gif
数か月前、駅前のデパートで一目惚れして、注文しました。
手作りみたいです。

f0202601_1654656.jpg


















来院された際は、尻尾の動きに注目してください070.gif070.gif070.gif
尻尾は触ると壊れますので、触らないように!!!
宜しくお願いします040.gif
[PR]
# by vetkenkenpa | 2015-10-20 16:06

中国地区学会

本日は平成27年度獣医学術中国地区学会に参加してきました!
f0202601_16435879.jpg






















当院からも発表してきました023.gif
皆様、お疲れ様でした071.gif
[PR]
# by vetkenkenpa | 2015-10-11 16:47

診察受付時間の変更

―診察受付時間の変更―

診察受付時間を診察終了10分前までとさせて頂きます。
     
午前診察:受付は11:50まで
午後診察:受付は18:50まで

                 となります。
 

                 (2016/1/1より)
[PR]
# by vetkenkenpa | 2015-10-06 10:03

急性フィラリア症

毎年、数頭のフィラリア感染犬の治療をする機会があります022.gif
フィラリア感染犬の治療は
①保存療法(ゆっくり治療)
②成虫駆除(早く治療)
③外科的手術 (緊急治療)
になります。
どれを選択するかは、症状の有無やフィラリア寄生数や心肺機能障害の程度により決定します。
本日、6歳のコーギーの子が血尿を主訴に「フィラリアかもしれない!」と来院されました。
f0202601_2358798.jpg














スルドイ070.gif

心臓エコー検査では・・・たくさん058.gif
(名前はどうでもいいですが、左傍胸骨右室右心耳断面という像です)
f0202601_01487.jpg
















その他にも検査しておりますが、急性フィラリア症と診断して直ちに頸静脈から外科的に摘出してます。
(急性フィラリア症の場合、数日で急変して死亡します。)
全部で26匹摘出しました071.gif
f0202601_061856.jpg

















ということで、フィラリア予防について簡単に書いてみます!

056.gifフィラリア予防056.gif
当院ではフィラリア予防薬の副反応を避けるためフィラリア予防薬を処方する前に昨年の予防がしっかりでき
ているかを血液検査で実施します047.gif
フィラリア予防は飲み薬(錠剤・チュアブル)か注射を選択して頂いてます。
もう6月になりましたが、まだまだフィラリア(犬糸状虫)予防で来院される方がいらっしゃいますが、早めの予防をお勧めします040.gif
[PR]
# by vetkenkenpa | 2015-06-18 00:06

山下さん

今日で山下さん(右から2番目)が寿退社です024.gif
寂しくなりますが、明日から頑張ります040.gif
ホント、助かってました。
f0202601_20411411.jpg

















では、失礼します!

[PR]
# by vetkenkenpa | 2014-03-31 20:43

学会②

昨日、中国地区獣医師大会に出席してきました。
f0202601_11374346.jpg


















昨年同様、今年も発表させて頂きました056.gif
では、短いですが失礼いたします040.gif
[PR]
# by vetkenkenpa | 2011-10-17 11:44